メタボリックシンドローム予防方法 > メタボリックシンドローム > コレステロール

コレステロール

スポンサードリンク

コレステロールは、血液の中に含まれている脂肪分の一種で、よく言われている「ドロドロ血」の原因の1つとなっています。それは主に、悪玉コレステロール(LDL)の増加が原因となっています。悪玉コレステロールが増加すると動脈の内壁に蓄積し動脈硬化を引き起こしたりします。


もともとコレステロールには、善玉(HDL)と悪玉(LDL)が存在し善玉コレステロールは、過剰なコレステロールを肝臓まで運び血流をスムーズにさせる働きがあります。逆に悪玉は前述の通りとなっています。


これらコレステロールの値は、血液検査を受けることで知ることができます。一般的には、総コレステロール値が、150〜219mg/dlの範囲が正常値で220mg/dlを超えると高コレステロールです。善玉コレステロールは、40mg/dl以上、悪玉コレステロールは、80〜139mg/dlの範囲が正常値です。

人気の病気・症状・健康ブログはこちら
スポンサードリンク

日本車 外車 中古車 車買取 自動車ランキングサイト
車探し、車買取、中古車情報満載、中古車販売FLEX

ページビューランキング ブログランキング 中古車・自動車サイトが中心の無料で登録できる登録型車ランキングサイト。 どなたでもご自由にご参加いただけます - 自動車ランキング サイト
中古車オークション情報を毎日公開 中古車相場お役立ちサイトはこちら

This website is powered by Movable Type 3.2 メタボリック メタボリックシンドロームって、なに?