メタボリックシンドローム予防方法 > メディア > 「食欲抑える」たんぱく質を発見 「群馬」

「食欲抑える」たんぱく質を発見 「群馬」

スポンサードリンク

脳の視床下部に働きかけ、食欲の増進を抑える作用を持ったたんぱく質を、群馬大学院医学系研究科「森昌朋教授(病態制御内科学)」の研究グループが発見したとメディアで伝えられました。

研究をまとめた論文内容はは、英科学誌「ネイチャー」の電子版に掲載され、森教授は「将来的には、肥満症や、メタボリックシンドローム(内臓脂肪症候群)の治療薬として活用できれば」と提言されています。

視床下部は、人間の食欲を司る脳内器官であり、視床下部より分泌される特定たんぱく質を実験用ラットの脳に投与し続けた結果、1日の摂食量が2/3に減少し、皮下脂肪が約−20%減少し、反面、筋力は低下せず維持された状態あったと記載されています。たんぱく質は脂肪細胞などからも、分泌されていることが判明し、「ネスファチン1」と名づけられました。

人気の病気・症状・健康ブログはこちら
スポンサードリンク

日本車 外車 中古車 車買取 自動車ランキングサイト
車探し、車買取、中古車情報満載、中古車販売FLEX

ページビューランキング ブログランキング 中古車・自動車サイトが中心の無料で登録できる登録型車ランキングサイト。 どなたでもご自由にご参加いただけます - 自動車ランキング サイト
中古車オークション情報を毎日公開 中古車相場お役立ちサイトはこちら

This website is powered by Movable Type 3.2 メタボリック メタボリックシンドロームって、なに?