メタボリックシンドローム予防方法 > メタボリックシンドローム > 通風の慢性化

通風の慢性化

スポンサードリンク

通風は、「風が吹いても痛む」ということから命名されましたが、この病気は、主に栄養の取りすぎによる産生過剰や、排泄能力の低下が原因で尿酸が体内に蓄積し、血漿中濃度が上昇・高尿酸血症となり発症する病気です。尿酸は、低温や酸性溶液中では溶けにくく体内の低温部に特に症状が現れます。特に急性関節炎発作・通風結節などが現れます。


また、尿路に析出し尿路結石や腎臓障害を生じます。発作は数日から2主観以内でおさまりますが、高尿酸血症が改善されないと再び発作が起きたりして慢性化します。一度症状が現れると慢性化する確率が高いので予防に重点をおき生活改善を行うのが理想といえます。


一番初めに考えることは、高脂質、高たんぱくの食事の改善です。これらの食事は高尿酸血症になりやすく尿酸が生成される際のプリン体の合成を促進し病状を悪化させます。

人気の病気・症状・健康ブログはこちら
スポンサードリンク

日本車 外車 中古車 車買取 自動車ランキングサイト
車探し、車買取、中古車情報満載、中古車販売FLEX

ページビューランキング ブログランキング 中古車・自動車サイトが中心の無料で登録できる登録型車ランキングサイト。 どなたでもご自由にご参加いただけます - 自動車ランキング サイト
中古車オークション情報を毎日公開 中古車相場お役立ちサイトはこちら

This website is powered by Movable Type 3.2 メタボリック メタボリックシンドロームって、なに?