メタボリックシンドローム予防方法 > メタボリックシンドローム > 運動習慣による予防

運動習慣による予防

スポンサードリンク

メタボリックシンドロームの運動による予防の肝は、「有酸素運動」です。現代人は、自動車などの普及により運動はもとより有酸素運動を行う機会が少ないといわれています。(つまりこの便利な社会が皮肉にもメタボリックシンドロームなどの疾患を増加させている要因ともいえます)有酸素運動とは、人が「やや辛いと感じる」レベルのエネルギー消費の運動をいいます。一般的には、脈拍が100未満とされており、この「やや辛い状態」を20分程度持続させることで、効果的に脂肪を燃焼させることができます。有酸素運動を行うには、運動を開始してから時間がある程度経過しないと効果的に脂肪が燃焼されないため、継続した軽負荷な運動が望ましいとされています。

人が日常で有酸素運動を行う機会というのは、主に通勤などの歩行です。歩行時間が長ければそれだけ有酸素運動を行っているということになり健康面では良いことであるといえます。デスクワークなどが主体の職業についている方は、慢性的に運動不足になりがちなので、いかに日常的に有酸素運動を行うかが重要になってきます。有酸素運動の代表的なものには「ウォーキング」や「スイミング」があります。

人気の病気・症状・健康ブログはこちら
スポンサードリンク

日本車 外車 中古車 車買取 自動車ランキングサイト
車探し、車買取、中古車情報満載、中古車販売FLEX

ページビューランキング ブログランキング 中古車・自動車サイトが中心の無料で登録できる登録型車ランキングサイト。 どなたでもご自由にご参加いただけます - 自動車ランキング サイト
中古車オークション情報を毎日公開 中古車相場お役立ちサイトはこちら

This website is powered by Movable Type 3.2 メタボリック メタボリックシンドロームって、なに?