メタボリックシンドローム予防方法 > メタボリックシンドローム > メタボリックシンドローム予防のための食事

メタボリックシンドローム予防のための食事

スポンサードリンク


食生活の改善こそが、メタボリックシンドローム予防のまずはじめにすることです。
食事は内容だけでなく、食べる時間や量、食べ方も大きく影響をします。
気にしすぎてもよくないので少しずつ改善していくように、毎日の習慣で少し気をつけるだけでも予防になるもので、それはダイエットにも健康にもよい影響をもたらすでしょう。
また食事は寝る3時間前以降に摂らないようにすると、メタボリックシンドロームのために充分予防になるのです。
寝る3時間以内の飲み食いは中性脂肪を増やすことになり、その中性脂肪を代謝する機能は、食べてからすぐに眠るとうまく処理されないという構造だからです。
処理しきれなかったエネルギーはカスとして血液中に残り、中性脂肪を増やす源になります。
また、食べてすぐ寝ることは脂肪をよく吸収させることにつながり、そのまま脂肪が残ってしまい、さらにメタボリックシンドロームの状態になるわけです。
それから食べるときに時間をかけてよく噛むようにすると、それだけでメタボリックシンドロームの予防になるのです。
食事の際よくかむと、満腹中枢が刺激され、それで少量の食事でも満足できるうえ、インスリンの分泌も正常にできて肝臓への負担を軽くすることも可能になるのです。
わかりやすくいうとひとくち30回程かむくらいがよく、食べ物が口の中でおかゆのようになるくらいが理想的な状態といえます。
食事の量をコントロールすることもメタボリックシンドロームの予防策に有効です。
一日に必要なエネルギー量を知り、その範囲内での食事量に留めることで余計な脂肪がつかずにすみます。

人気の病気・症状・健康ブログはこちら
スポンサードリンク

日本車 外車 中古車 車買取 自動車ランキングサイト
車探し、車買取、中古車情報満載、中古車販売FLEX

ページビューランキング ブログランキング 中古車・自動車サイトが中心の無料で登録できる登録型車ランキングサイト。 どなたでもご自由にご参加いただけます - 自動車ランキング サイト
中古車オークション情報を毎日公開 中古車相場お役立ちサイトはこちら

This website is powered by Movable Type 3.2 メタボリック メタボリックシンドロームって、なに?